MENU

ペニスの3大コンプレックス

ペニスのコンプレックスとなる3つの弱点は短小、包茎、早漏です。
今日はこの中の短小について解説しますが、実は包茎で悩んでいる人の多くが短小なのです。

 

スペインのアンドロメディカルという治療機器メーカーが、日本人のペニスのサイズの平均を調査しました。
平常時は6〜9cm、勃起時は13cmです。
勃起時に13cmを大きく下回ると短小と定義され、医学的にはマイクロペニスと呼ばれます。

 

□年代別マイクロペニスの基準値
0〜5か月:19mm
6〜12か月:23mm
1〜2才:25mm
2〜3才:28mm
3〜4才:33mm
4〜5才:36mm
5〜8才:38mm
8〜11才:38mm
成人:94mm

 

一般的に日本人男性の1〜2割が短小に分類されます。
膣の深さが約78mmで、70mmあれば子宮口に届くのでセックスは問題なく出来ます。
ただ、標準サイズのコンドームが挿入時に抜けてしまったり、バックで挿入が出来なかったり、いくつか問題があるのも事実です。

 

 

 

 

短小がコンプレックスで悩む人や、短小が原因で性生活が悪くなる夫婦も少なくありません。

 

ペニスのコンプレックスがない人から見ればオーバーに映るでしょうが、当の本人にとっては大ごとです。
常に心の片隅にそんな引け目が存在し、周りでコソコソ話をしていると、自分の噂ではないかと不安になります。
周りは普段と変わらないのに、自分が周りを意識するあまり、周囲の声に敏感になってしまうのです。
コンプレックスと向き合って解決する事がコンプレックスを消す1番の近道です。

 

短小と向き合う方法の1つがペニス増大術や長茎術です。
ますは包茎手術、長径術、ペニス増大術の全てを手がけているクリニックに相談しましょう。
どんな方法があなたの悩みを解決するのに1番適しているかアドバイスをもらえます。

 

長径術はリスクがある上、受けても勃起時の長さはあまり変わらないというデメリットがあります。
短小包茎で悩んでいる人にオススメするのが、亀頭増大と包茎手術で短小の改善を行う上野クリニックです。

 

シトルリンやアルギニンが入った「ゼファルリン」などの増大サプリを飲み、血流を改善して勃起時のサイズを大きくする方法もあります。

更新履歴